先日気になる話題の一つが笑みについてだ。みなさんは自分が如何なる時にどういう形相で笑っているか意識したことがありますか?メークアップののちに鏡にかけてニコニコほほえむ形相。我々はこれが自分の笑みだと一際思っていました。それでもスマフォなどで撮影したフォトを見ると正に引きつっていたりして少々違うんですよね。我々が素敵だなと受け取る笑みは、まぶたが笑っていて通常笑みだ。ほころぶような笑みは見る感情を温めてもらえるよね。そういった笑顔になるのはどのような気持ちになった一瞬でしょうか?それは切に何かを喜ばしく感じた期間なのではないかと思います。嬉しさ、楽しさ、愛情おしさ、歓喜などの前向きな気持ちです。まずはフォトを撮る時折どのような気持ちでいるでしょうか。もしかすると心配したり、変じゃないかな?など周りからどうして見られているかを意識しすぎてしまっているかもしれませんね。そういった気持ちは形相として面持ちにあらわれ、口元に技術が入ったり、まぶたが笑っていないような異常さとしてフォトに反映されるのかもしれません。ではどうしたら素敵な笑顔になれるのでしょうか。応答は相当ワンタッチだ。どうして見られているかという出先に向けたモチベーションを、自分がどうして感じているかという内側にシフト行う。その場の嬉しさや楽しさをたっぷり食らうため、その思いは形相に反映されます。気持ちの素晴らしい笑みには見分ける感情をポジティブにさせる器量があります。こんな笑みが流れる四六時中を過ごしたいですね。